フェカリス菌(FK23菌)って何?

フェカリス菌はもともと体内に存在している乳酸菌です。
フェカリス菌は、正式にはエンテロコッカス属フェカリス菌(Enterococcus faecalis) といいます。エンテロッカスという菌属の中に分類される菌種のひとつです。

フェカリス菌

フェカリス菌の特徴は一般的な乳酸菌に比べて大きさは500ナノメートルと、とても小さな超微粒子です。 さらに、ビフィズス菌など棒状の形をした乳酸菌と比べると、フェカリス菌の形は球状をしていて、一度にたくさんの量を摂るのに非常に適しています。基本的に乳酸菌は、多く摂取するほど、その効果も高くなります。

フェカリス菌

殺菌されていても効果のあるフェカリス菌

乳酸菌は、生きたまま腸まで届けることが効果的だと考えられていますが、フェカリス菌は加熱 殺菌して摂取する方が免疫力を上げ身体機能に有効であるという研究成果が発表されています。
殺菌された乳酸菌を腸にしっかり届けることができるので、腸内で善玉菌を増やし、悪玉菌の増殖を抑えることで、腸内免疫細胞が活性化され、様々な効果を発揮します。
だから、摂取する乳酸菌が生菌でも死菌でも、菌数が多いほど高い効果が期待できるのです。
加熱 殺菌されたフェカリス菌は加工や品質保持がしやすく、手軽に多量摂取が可能なのです。

フェカリス菌の中でもFK-23菌は11もの特許を取得しており、これだけ複数の特許を取得しているフェカリス菌はFK-23菌だけです。

花粉症と乳酸菌(FK23菌)

花粉症とは、花粉のアレルゲンを持つ方のアレルギーです。杉・ヒノキなどの花粉で、くしゃみ・鼻水・鼻づまりや目や皮膚の痒みなどの症状がでます。
なぜ乳酸菌が花粉症に良いのかというと、花粉症で免疫の働きが異常になったアレルギー症状を乳酸菌が正常にしていくからです。乳酸菌は免疫の働きを伝える伝達物質の分泌を正常にしていきます。

整腸作用による免疫力のアップ

他にも整腸作用により免疫力をアップします。乳酸菌には成長作用があり、整腸作用によって腸内環境や消化器官が正常化されると免疫力がアップするので、アレルギー症状の体質改善が期待できます。

FK23菌は抗アレルギー剤及びその製造法 での特許を取得してます。