毎日のスッキリのために

便秘は、腸内環境の悪化が原因で引き起こされます。
善玉菌が優勢であれば、腸内環境も良くて腸もスムーズに働きます。悪玉菌が優勢だと便秘や下痢だけでなく、身体全体に様々な不調が生じることになります。
悪玉菌が増える原因はいろいろありますが、食事のリズムが乱れたり、栄養バランスが偏りがちなことなどが原因です。
動物性たんぱく質や脂肪、白砂糖、添加物、化学物質などが腸に入ってくると、腸内で悪玉菌の餌となり悪玉菌が増殖し腸内の腐敗や有害物質の発生の原因になります。この状態では腸の機能は弱まるばかりです。

また、加齢によっても善玉菌が減りやすく悪玉菌が増えやすい腸内環境へと変わっていきます。

毎日のスッキリのために

赤ちゃんの便秘は、腸の発達の影響や、授乳回数が減ることによるものが多く、完全にミルクで育てている赤ちゃんの場合は、消化に時間が掛かって便秘がちになることがあります。

離乳食がはじまり赤ちゃんの食生活が変化すると、腸内細菌にも変化が起こり、赤ちゃんの体の中で便がためられるようになっていきます。母乳やミルクの飲みが落ちることにより便の水分量が不足し、便秘が起こりやすくなります。

乳酸菌で美肌

毎日のスッキリへのために、腸内を掃除してくれる善玉菌を増やし腸内環境を整え、大腸の蠕動運動を活発にしていくことが健康への第一歩です。